地理地殻活動研究センター
Geography & Crustal Dynamics Research Center

研究活動とその報告 更新: 2008.04.01 to English

地理地殻活動研究センター > 地殻変動研究室 | 宇宙測地研究室 | 地理情報解析研究室 | 談話会
はじめに
地理地殻活動センターは、測量行政と一体をなす基礎的・先端的な研究開発、測地学・地球科学の分野の研究および情報提供、地震予知連絡会や海岸昇降検知センターなどの運営を行う組織として、1998(平成10)年に設置されました。
トピックス

研究者・研究室紹介(平成20年度)

主催する主な会議

関連する主な会議

最近の論文・報文(研究センター長,総括研究官)
  • Kaidzu, M. et al (2000): Crustal deformation associated with crustal activities in the northern Izu-islands area during the summer,2000. Earth Planets Space,
  • Artru, J., Ducic, V., Kanamori, H., Lognonne, P., and M. Murakami (2005): Ionospheric detection of gravity waves induced by tsunamis, Geophysical
    Journal International, in press
  • 村上亮・小沢慎三郎(2004)GPS連続観測による日本列島上下地殻変動とその意義,地震,
    第2輯,57,2,pp209-232.
  • Remy, D., Bonvalot, S., Briole, P., and Murakami, M. (2003):"Accurate measurements of
    tropospheric effects in volcanic areas from SAR interferometry data:
    application to Sakurajima volcano (Japan)," Earth and planetary science
    letters, vol. 213, pp. 299-310, 6 June 2003.
  • 村上 亮(2002):三宅島の地下で何が起こっているのか? −降下ピストンの強制冷却による三宅島の脱ガスモデル− .月刊「地球」 Vol.25, No2, 91-96.
  • 村上 亮(2002):1986年噴火以降の伊豆大島の地殻変動 −1986年噴火の余効過程と次の噴火に向けての準備過程−.月刊「地球」, 号外 No39, 96-101.
  • 村上 亮(2002):新しい地殻変動観測技術の噴火予知への適用 −新技術による実績と明らかになった課題− .火山 第2集
  • MURAKAMI, M. and MIYAZAKI, S.(2001):Periodicity of Strain Accumulation Detected by Permanent GPS Array : Possible Relationship to Seasonality of Major Earthquakes' Occurrence. 'Geophysical Research Letters, Vol.28, No.15, 2983-2986.
  • 村上 亮・小沢慎三郎・西村卓也(2001):地殻変動観測による火山監視.月刊「地球」, Vol.23, No.11, 791-800.

...リンク・著作権等について
Copyright 2004-2005 Geography & Crustal Dynamics Research Center.
No reproduction or republication without permission.

| 国土地理院 Home | 研究活動とその報告 | このページの先頭 |