国土地理院 東海地方の地殻変動
ホームへ非定常地殻変動と東海スロースリップ(2001~2005年)関連情報

東海地方の地殻変動

  ● 東海地方のこれまでの地殻変動の変化

国土地理院でのGPS連続観測開始以来、東海地方では、「西北西方向の水平変位」および「静岡県中西部で沈降、愛知県で隆起」という地殻変動が観測されていました()。これは、駿河・南海トラフから沈み込むフィリピン海プレートと上盤側の大陸プレートが固着していることにより、上盤側の大陸プレートが引きずり込まれることによる変動です。

しかし、2000年秋頃からそれまでと傾向が異なる地殻変動が観測され始めました()。1998年1月~2000年1月を、定常的な地殻変動が進行していた期間と考えて、その変動速度および年周・半年周成分を推定して、当該期間の地殻変動から取り除きました。そうすることで、従来とは異なる地殻変動のみ(以下、非定常地殻変動)が明瞭となります。

こうして得られた非定常地殻変動は、「愛知県から静岡県にかけての南東方向の水平変位」および「愛知県で沈降、静岡県西部で隆起」という特徴が見られます()。この非定常地殻変動は、プレート境界面上での固着によって引きずり込まれる方向とは逆向きのすべりにより引き起こされると考えられ、そのすべりの中心は浜名湖直下にあると推定されました()。

この浜名湖直下に推定されたすべり(スロースリップ)は、2005年夏ごろにほぼ停止したと考えられます。 今回のスロースリップは、地震の規模を表すモーメントマグニチュード(Mw)に換算すると7.1程度(剛性率を30GPaと仮定)のエネルギーを解放したことに相当します()。プレート境界面上の深さ0~20kmのところには,発生が危惧されている大地震(東海地震)の想定震源域が存在しますが,今回のスロースリップの発生場所は深さ20~30kmと推定され,各々重ならないような場所で発生していました()。 このスロースリップにより、浜名湖直下付近ではプレートの沈み込みによって蓄えられたひずみが解放されましたが、発生が危惧されている東海地震の想定震源域では、ひずみの解放はほとんどありませんでした。

国土地理院では、この地域の地殻変動を注意深く監視しています。最近の地殻変動については、こちらをご覧ください。

東海地震の想定震源域とスロースリップ発生域
東海地震の想定震源域とスロースリップ発生域


想定震源域とスロースリップ発生域の位置関係
想定震源域とスロースリップ発生域の位置関係

  ● 問い合わせ先

〒305-0811  茨城県つくば市北郷1番
国土地理院  地理地殻活動研究センター  地殻変動研究室
電話番号:029-864-1111 (代表)
問い合わせはこちら